B&R工法
  
   
   

住宅診断

 
   

生活の中でドア・サッシ・ふす間にすき間やキシミはありませんか。床のキシミやクロス(壁紙)のよじれはありませんか。また、外回りでも、基礎や犬走りのクラックや水廻りの排水不良はありませんか。
個人差はありますが、一般的に床の傾斜が6/1000を超えると違和感を感じるようになり,10/1000を超えると生活に支障をきたすと言われ、頭痛・めまい・吐き気などの健康障害を引き起こすことがあります。

        
   
   
   

ページの先頭へ

B&R工法