B&R工法
  
   

水平修正工事のプロフェショナル

 
   

弊社は傾いた家を水平復旧するプロ集団です。   阪神淡路大震災では年間100棟以上の実績をほこり、東日本大震災では約200棟の復旧工事を行っています。震災以外でも年間約50棟以上の復旧工事を行っています。 

  
  

主な水平復旧工法

   
   

鋼管圧入工法 < 基礎強化、レベル修正 >

 
   

基礎下を掘り下げて基礎直下に油圧ジャッキを装着し、建物を反力として鋼管を打ち込み、それを支持杭として沈下を防止する工法です。 アップ後は地盤と基礎との隙間をエアーミルクを用いて充填する。
水平復旧と地盤の補強を目的としている。

  
   
   

耐圧板工法 < レベル修正 >

 
   

基礎下を掘り下げて基礎直下に油圧ジャッキを装着し、建物を反力として耐圧板を圧入をした後、基礎ごと水平復旧するする工法です。 アップ後は地盤と基礎との隙間をエアーミルクを用いて充填する。
水平復旧のみを目的としています。  

  
   

土台アップ工法 < レベル修正 >

 
   

基礎と大引きを固定するアンカーを開放して、基礎と大引の間からジャッキで建物を水平復旧し、アンカーを固定する方法です。ジャッキアップ後は、強度のある無収縮モルタルでアップ隙間を充填します。
比較的沈下量が少なく、不同沈下の進行が既に止まっている建物の水平復旧のみを目的としています。

  
   
   

各工法の設計比較

   

ページの先頭へ

     

B&R工法